HOME  > 製品情報 > トピックス

製品情報

◆ TriCaster (トラキャスター)

 

4K UHD対応の TriCaster TC1は、

革新を続けてきたTriCasterシリーズの集大成です。

 

TriCaster TC1は、これまでのTriCasterシリーズに搭載されるライブストリーミング、レコーディング、グラフィックス、バーチャルセット、ソーシャルメディアパブリッシングなどといったライブ番組には欠かせない様々な機能やワークフローに、プロデューサー目線で更なるブラッシュアップが加えられたTriCasterシリーズの最上位機種となります。

これまでの機能面を損なうことなく、最大4K UHD 60pのフォーマットに対応した16チャンネル入力のライブ・プロダクションシステムです。また、NDIテクノロジーを実装し、Skype TXテクノロジーに対応したことで、遠隔地からのSkype通話ビデオチャンネルを、ライブ番組の入力ソースとして追加することも可能となりました。

*4K UHD映像ソースを入力するためには、オプションモジュール「NC1 STUDIO I/O モジュール」またはオプションソフトウェア「Connect Pro」を使用して、ネットワーク経由に割り当てる必要があります。

 

 

【主な特長】

○HD,3G、4K UHD 60p に対応

○ソフトウェアベーズでの柔軟な機能処理を実現

○16チャンネル入力と4M/Eを含むビデオミキシングが可能

○Skype TX対応、2チャンネルまで取込が可能

○マルチチャンネルISOレコーディング機能により、フル解像度でQuickTimeやH.264の収録が可能

○2チャンネル同時ライブストリーミング配信が可能

○操作の自動実行機能やマクロコマンドの利用と多くのコントロールオプションを搭載

○複数のオーディオコントロールとオーディオルーティング機能

 

【TriCaster 410plus】(NAB2019発表)

TriCaster 制作システムの新製品TriCaster 410 Plusは、外部入力x8、M/E×4、ミックス出力×4に加え、IPを介したビデオ、オーディオ、データ伝送に対応するNDI構築を提供します。ラックマウント・システムには、リアルタイムのソーシャルメディア・パブリッシング、ライブストリーミング、マルチチャンネル・レコーディング、ビデオ再生、内蔵マルチビューワー、グラフィックス、合成、バーチャルセット、オーディオ・ミキシングなども含まれます。

 

 

 

 ケーブル技術ショー2013 出展ブース(簡易バーチャルセットスタジオ) 






 



TriCasterのデモをご希望の方は、“お問合せ”フォームからお申し込みください。

詳細・見積りのご依頼は弊社営業担当まで、お問合せください。



  • PDF形式の文書をご覧いただくためには、Adobe(R) Readerが必要です。Adobe(R) Readerをお持ちでない方は、左のバナーをクリックしてダウンロードしてください(無償)。

    copyright(c)2007 brains-system All Right Reserved